2018年1月10日水曜日

人間とAIの記憶の異なり

人間とAIの記憶の異なりについて考えてみたい。

人は家の鍵の閉める方向、時計回りか反時計回りかを覚えているだろうか? ぼくは覚えていない。それでも、出て行くときも、入るときも、困らない。1/2の確率で当たるからである。

ぼくは、暗証番号式の鍵の家に済んでいたことがある。そのときは、もちろん暗証番号を覚えていた。1/9999の確率だからである。

AIであれば、家の鍵の閉める方向は、覚えてしまうように思う。とても簡単なことだからである。人がそれを覚えない理由は、不思議であると言えば不思議である。それほど、リソースのかかることではないように思う。少なくとも、AIにとってはそうだろう。人にとっては、そのリソースは少なくないということだろうか。

記憶のあり方が、人とAIとでは異なるのかもしれない。それ以上のことは、今のぼくにはわからないことだ。