2018年6月14日木曜日

祈り

祈りとは何であろうか。私は祈りとは純粋な願いのことであるように思う。純粋な善と言っても良いかもしれないが。この「純粋な」というのは、「本来の」というような意味である。邪な考えがないということでもある。

祈りは、容易く、邪な考えが入り、穢れるように思う。穢れてしまった願いは、他者の反発を食らうであろう。社会とはそういうものであるように思う。

それにしても、涙は祈りと似合うように思う。なぜであろうか? 涙が人を強くするということは、そういうところにあるのかもしれない。